• 来場予約
  • 資料請求
  • コンセプト
  • ロケーション
  • アクセス
  • デザイン
  • プラン
  • モデルルーム
  • 設備仕様
- CONCEPT -SHINJUKU SIDE × SOUTH PARK FRONT 中野坂上エリア15年ぶり、南面パークフロント邸宅デビュー。
landscape design
南にも北にも抜ける立地条件を生かしたランドスケープ。
大久保通り
                    Bicycles 傾斜式平置きラックを合計54台分設置。1住戸あたり2台分の駐輪スペースを確保しています。
                    Entrance Hall 趣きのあるエントランスの先に広がるエントランスホール。素材にこだわった空間には気品が漂い、訪れる方を洗練の雰囲気で迎えます。 
                    Pet お散歩から帰ってきたワンちゃんの足を洗えるペット足洗い場を設置。
                    Green Space 敷地北側と南側にグリーンスペースを確保。緑が街並みにさらなる潤いを加えます。

南北に接道し、ともに開放感を確保できる敷地形状を生かしたランドスケープ。北側をセットバックさせエントランス周りにゆとりを持たせ、南側には公園と連続性を演出する緑の植栽を配置しています。

植栽計画

常緑の中・高木が風にそよぎ、色彩のある低木や草花が華を添える植栽計画。

植栽計画シラカシ ヒメシャラ イロハモミジ シマトネリコ ソヨゴ シャリンバイ オリーブ ツツジ ※植栽写真は参考写真です
building design
洗練と落ち着き。中野坂上らしさをデザインで表現。

新宿を身近にする「都会的な洗練」と中野坂上の「住宅地の落ち着き」をベースにしたデザインコンセプト。白を基調にしたカラーリングと透明感のあるガラス手摺りが洗練をたたえ、シンプルな縦ライン×横ラインのグリッド形状が周辺環境に調和する落ち着きを漂わせます。さらに建物内に入れば、厳選の素材による趣きのあるエントランスホールが訪れる方を優雅に迎え入れます。

今田 高志(いまだ たかし)松井建設株式会社東京支店 設計部 部長

賑わいと落ち着きが寄り添う街にふさわしい、長く使い続けられるデザインを。

建物は大久保通り側と公園側の2つの顔をもっています。どちらかを表・裏にすることなく、同じデザインテイストとすることで、賑わいと落ち着きの共存を表現します。

全体的にひと時の流行を追うことなく、住み続けるほどに愛着が増していくよう、美観を維持し、いつまでも飽きのこないサスティナブルな建築を目指しました。

building design
洗練と落ち着き。中野坂上らしさをデザインで表現。

エントランス完成予想CG

エントランスホールに一歩足を踏み入れると漂う静けさと洗練。壁面のデザインが美しいアイストップとなり、その先に待ち受ける上質な空間への期待を膨らませます。

エントランスホール完成予想CG

※掲載の敷地配置図イラストは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状、色味等は実際とは異なります。※眺望は将来において保証されるものではありません。また、特定の季節、時期、またはご入居時期を想定して描かれたものではありません。葉や花の色合い、枝ぶりや樹形は想定であり、実際とは異なります。周辺道路・建物は簡略化して描いています。

※植栽写真は参考写真です。

※掲載の完成予想CGは、図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。

また、敷地周辺の電柱、標識、ガードレール、建物等につきましても再現していません。

※植栽は竣工時の想定のものではございません。